フリーライターのおすすめ休憩方法5選|腰痛や目の疲れからリフレッシュ

こんにちは、エンモジです!

フリーライターは、基本的にパソコンと睨めっこ。長文を読んで、長文を書いて……知らず知らずのうちに身体が硬くなってるし、目は疲れるしで、適度な休憩が必要です。

というわけで、私がおすすめするフリーライターの休憩方法を5つご紹介します!

目次

フリーライターにおすすめ休憩方法

フリーライターは、目が〜! 腰が〜! 首肩が~! とか、疲れた〜! とかなったときに、能率的に仕事を進めるために適度な休憩が大事!

私がおすすめする休憩方法をご紹介しますね。

①遠くを見る

部屋の窓から遠くを見ると、目の疲れがとれていくような感じがします。山を見たり、空を見たり……。

自然のキレイな色を見ると、目の疲れがとれるだけでなく、リフレッシュもできるのでおすすめです。

②風にあたる

窓を開けたり、外に出たりして風にあたると、とにかく気持ちいいです。ただ、寒がりな人は冬はおすすめしません。だって、寒いもん(私は超寒がりです)。

休憩で風にあたるなら、春とか、温暖な気候のときがいいですね。

③寝転がる・ストレッチする

フリーライターは基本的にずっと座り姿勢です。そのため、寝転がると長時間折れ曲がっていた脚が伸びて、血の巡りを感じられます。ついでに、ふくらはぎなどをちょっと揉んだり。

あとは、ストレッチ。首肩を回したり、腰を捻ったり。とにかく、血流をよくしてます。少しでもストレッチすることで、多少は筋肉もほぐれるため良き良き。

④冷たい飲み物を飲む

これも、冬は避けてるけど……冷たい飲み物を飲むとリフレッシュします。なんだろう、喉から身体の中心にかけてスーッと冷たくなって、気持ちいいんですよね。

人間、一日2リットルの水を飲むといいと言われていますし、仕事中は集中していて水分補給を忘れがちなので、リフレッシュだけでなく水分補給も兼ねて、冷たい飲み物を飲むといいですよ。

⑤ボケてや面白いコピペなどを見て気分転換

仕事でずーっと頭を使っていると、疲れがどんどん蓄積されます。そのため、ボケてや面白いコピペなど、仕事とは関係ない、短時間で楽しめるものを見て気分転換するのも良きです。

ボケてやコピペじゃなくても、ご自分が短時間で「ふっ」と力を抜けて楽しめるものなら、なんでも気分転換になると思うので、まだそういう対象がないのであれば、見つけてみるのもいいですよ。

まとめ

  • 目を休ませるために遠くを見る
  • 血流を良くするために体をほぐす
  • 短時間で気分転換できるものを見つける

ずっと座って仕事していると、腰痛や肩こりに苛まれ、慢性化したら座っているのも辛くなります。身体の不調から少しでも遠ざかるために、適度な休憩をしてリフレッシュしてくださいね!

私の記事が休憩方法の参考になりましたら、嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる