個人事業主・フリーランスが住所変更するときの手続きとは?

こんにちは、エンモジです!

引っ越しなどで住所が変わることって、個人事業主やフリーランスにもありえることですよね。「個人事業主の住所変更って、なんだか大変そう……」と思うかもしれませんが、実はとっても簡単!役所でやる転出手続きと比べて、あっという間に終わります!

今回は、個人事業主・フリーランスの住所の変更手続きについて解説していきます!

目次

引っ越し前の税務署で手続き

手続き場所は、引っ越し前の税務署です。そこにマイナンバーカードを持っていき、「所得税・消費税の納税地の異動又は変更に関する届出書」を提出するだけでOK。

記入する内容も、現住所(現納税地)と引っ越し後の住所(異動先納税地)や氏名、屋号など、まったく難しくありません。

この届出書は国税庁のHPからダウンロードできるので、持参していけば記入の時間を短縮できますよ。

引っ越し先の税務署では、特に何もする必要はありません。

手続きのタイミングは?

引っ越し日が分かっていたら、引っ越す前でも窓口にて手続き可能です。もちろん、引っ越した後でも手続きできます。もし県外など、窓口への来店が難しい距離に引っ越した場合でも、郵送で受け付けてくれますよ。

控えが欲しい方は、返信用封筒に切手を貼って添付すれば、控えを返送してくれるでしょう。事前に送付先税務署に確認しておくと、安心ですね。

まとめ

  • 住所変更は引っ越し前の税務署で手続き
  • 届出書を1枚提出するだけで完了
  • 窓口持参・郵送対応が可能

開業届の提出と同じく、住所変更もあっさり簡単に行えます。税務署での待ち時間が嫌な方は、事前に国税庁のHPから届出書を印刷&記入していくと時間が短縮できますよ。

「できるだけ早め」に提出しなければならないので、引っ越しなどをした際には忘れずに行なってくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる