【ショートカットキー】まとめ集|覚えておくとライティングで便利!

こんにちは、エンモジです。

パソコンには隠れた機能がありますよね。「ショートカットキー」という名の便利な機能が。

このショートカットキー、実はいっぱいあるのですが、その中でも私がよく使うものを紹介します(あ、ちなみにWindowsです)。

パソコンの普段使いからライティングにいたるまで、いろいろと便利なショートカットキーなので、覚えておくと「やっちまった!」というときでも安心しますよ。

目次

便利なショートカットキー一覧

私がよく使う、便利なショートカットキーを紹介しますね。

①コピー

Ctrl+C

文章のコピーができます。ちなみに、コピーしたい文章の上にカーソルを合わせて3回クリックすれば、だいたい全文選択されます。

②ペースト

Ctrl+V

コピーしたものを貼り付けられます。

③切り取り

Ctrl+X

コピーではなく、切り取ります。文章を入れ換えたいときなどに、切り取って貼り付ければ、打ち直しなどの手間がかかりません。

④ひとつ戻る

Ctrl+Z

ひとつ前の作業に戻ります。文章の語尾などを修正したあとに、やっぱり前のほうが良かったかもとか、なんて書いてあったっけとか見直したくなったときに使えます。

⑤検索

Ctrl+F

検索バーが出ます。たとえば、「色々」と「いろいろ」の表記が統一されているか気になったときに、検索バーで検索すれば、どちらか一方の文字しかないか否かが分かります。あとは、大量の文章のなかでお目当ての文字を探すときなど。

⑥置換

Ctrl+H

WordやGoogleドキュメントでできますが、検索と置換です。「リンゴ」をすべて「バナナ」にしたくなったときに、文章の中から「リンゴ」を探して一単語ずつ「バナナ」に変えていくのは大変。ということで、検索と置換をいっぺんにやってしまいましょう。

⑦タブ復活

Ctrl+Shift+T

ブラウザの閉じちゃったタブが復活します。「見てたのに間違って閉じちゃった!」「さっき閉じちゃったサイトもう一度見たい!」そんなときに役立ちます。

⑧スーパーリロード

Ctrl+Shift+R

キャッシュが残っていて、ブラウザの左上にある再読み込みボタンじゃ全然反映されない。そんなときに使えるスーパーリロード。スーパーリロードしたからといって必ずしもすぐ反映するわけじゃないですが、再読み込みボタンじゃだめでもスーパーリロードなら反映された、という経験はあります。

⑨Googleドキュメント文字カウント

Ctrl+Shift+C

Wordだと左下に文字数が出ますが、Googleドキュメントは出ないので、カウントしたい文章を選択してキーを押せば文字数が分かります。

⑩ロック

Windows+L

パソコンにロックがかかる(ロック画面になる)ショートカットキーです。離席するときなどに一瞬でロックがかかるので便利です。

⑪シークレットモード

Ctrl+Shift+N

シークレットモードでブラウザを開けます。サイト名などを右クリックすると「シークレットウィンドウで開く」と出ますが、私はそれをクリックせず、ショートカットキー(Ctrl+Shift+N)で立ち上げたシークレットモードブラウザにコピーしたサイトURLを貼り付けて見てます。……あれ? こっちのほうが効率悪い?

⑫全選択

Ctrl+A

文章などをすべて選択したいときに使います。全文コピーしたいときなどに便利。

太字にする

Ctrl+B

太字にしたい文字や文章を選択したあと入力すると、太字になります。指がきついので、私はあまり使いません……。

まとめ

ショートカットキーにはさまざまな種類があるので、紹介しきれていないものも多々あると思います。ひとまず、私がよく使うショートカットキーをまとめましたので、「便利!」と思えるショートカットキーに出会えていただけたなら嬉しいです。

もしかしたら日常で使い慣れすぎて、自分でも気づいていないショートカットキーがあるかもしれないので、「あ、あれもあった!」と思い出したものがありましたら、追記しますね。(もしくは第2弾として記事にするかも……)

ショートカットキーを使って、あなたのパソコン作業やライティング作業が少しでもラクになりますように!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる