フリーランスのデスク周り備品|選択ミスで後悔したもの3選

こんにちは、エンモジです!

フリーランスで在宅仕事が多い場合、自宅が作業場なので、デスク周りの備品にもこだわりますよね。デスクの大きさや長さ、書類を裁断するシュレッダーなど、揃えるもの、気にかけるものが多くあります。

そんな中で、私が「○○にすれば良かった……っ!!」と後悔したデスク周り品をご紹介します。これからフリーランスでやっていこうと思っている方、該当物品を新たに購入予定の方は、ぜひ参考にしてください。

目次

後悔①スペースが物足りないデスク

私が使っているデスクは、横120cm、奥行き59cmほどのなかなか大きめデスクです。ノーパソとモニターを横においても余裕。他には、置時計や筆記用具、キーボードやリストレスト、メモ帳、マウスとマウスパッドなどを置いています。それでもスペースは余っているので、飲み物やお菓子を置いて、ちょっと一息……なんてこともできます。

じゃあ何のスペースが足りないのかというと、書くスペースです。現状ですと、目の前にあるキーボードとリストレストを端によけてからでないと、何かしらの書類などの記入ができません。斜め前には空いているスペースがあるのですが、足元にワゴンがある関係で身体を斜めにするしかなく、かといって斜めの体勢で書類は書きづらい。

真正面で書きたいと思ったら、キーボードとリストレストをどけなければならない。いちいち、どけなければならない。これ、毎度のことだと結構面倒くさいんです。

だから私は、L字型デスクにしておけばよかったと後悔。

L字型デスクなら、椅子を回転させれば目の前にだだっ広い、書くだけのスペースを確保できるので物をどかすというストレスが発生しません。しかも、書くだけでなく書類の整理をするときにも書類を置いたり並べたりできるので、作業効率UP(現状だと、書類を広げるスペースがないのでキーボードの上に置いたり、書類の上に書類を重ねたりしているのです。書類を広げながらキーボードを叩きたいと思っても、すぐにできないので「むんんっ!!!」ってなってます)。

実は私の作業デスク候補になっていたL字型デスク。L字型なので配置が限られるのと場所をとるのが気になったのでやめましたが、場所に余裕がある方はL字型デスクのほうが何かと効率よく仕事できるかもしれません。

後悔②手動給紙のプリンター

「そんなに印刷頻度多くないだろうし、金額が高いから手動給紙のプリンターでいいやぁ~」と思った当時の自分を、張り倒してやりたい。

現在使っているプリンターは背面にある紙のセット位置に自分で紙を置く、手動給紙タイプです。これがもう、面倒くさい。印刷するときにいちいちコピー用紙を必要枚数取り出して、背面にセット。しかも、プリンターが少し高い位置にあるので、立ち上がらないと給紙セットできないという……。

紙とる→立ち上がる→紙セットする……で、もし印刷用紙が余ったりしたらもとに戻したり、逆に足りなかったら追加給紙したりで、何度も立ったり座ったり。これはもう、手間でしかない。

立ち上がらずに給紙できる位置にプリンターを置けば少しは手間も解消するとは思うのですが、それでもいちいち紙をセットしなければならないので、自動給紙にしておけばよかったと後悔。

フリーランスとしての活動以外にも、プリンターは何かと利用しますからね。ケチらずに、自動給紙機能のプリンターを選ぶことをおすすめします。

後悔③手動のシュレッダー

機密情報などを破棄するときに使用するシュレッダー。シュレッダーって、ハンドルを回して手動で裁断するやつと、バリバリバリーッって自動で裁断するやつがあるじゃないですか。

どっちを買おうかなって迷って、結局手動シュレッダーを買ったのは後悔しています。なぜなら、1回1回ハンドル回すの面倒くさい。裁断したい紙が出てきて、シュレッダーにセットして、ハンドルくるくる。くるくる。くるくる。くるくる……。ようやく完了。何回回すねん。しかも、その間シュレッダーの本体(ゴミが溜まる部分)を押さえているから、ハンドルを回す手だけでなくもう片方の手も力を使います。

1回シュレッダーするだけで、疲れる!! それでいて、私が使っている手動シュレッダーはA4用紙2枚分の厚さしか一度に裁断できないから、何枚かあるときにはくるくる地獄がもっと続きます。

手動シュレッダーを選んだ理由は、ネット上で、自動シュレッダーは音がうるさいという意見が多かったため。住んでいる場所が賃貸だと、夜にシュレッダーするのは響く等々の意見があり、「音を気にしてシュレッダーするのやだな」と思ったんです。それに、そんなに裁断するものも多くないだろうと。だからコンパクトで、音も自動に比べて静かな手動にしました。

そんなに裁断するものが多くない……だからこそ、手動でシュレッダーするのがとてつもなく面倒くさいのです。たまにあるたった数回のために、シュレッダーに力を使うのが億劫になるのです……。煩わしいことを避けたい面倒くさがりですみません(笑)

それに、音が気にならない環境(持ち家など)になればシュレッダーの音なんて気にする必要なかったのだから、のちのちの効率を考えて自動シュレッダーを買っとくべきでした。手動シュレッダーは安いというメリットはありますが、かかる手間暇を考えると自動のほうがはるかにお得だったと思う今日この頃……。

まとめ

  • 作業スペースを広くとれるデスクを購入すべし
  • 自動給紙のプリンターを購入すべし
  • 音を気にしなくていいなら自動シュレッダーを購入すべし

何か物品を買うときって、安くていいものを! って思いますよね。その結果、安いけど効率が悪いもの、最初は良いと思ったけどのちのち面倒に感じるものを買ってしまうことってあると思います。ささいなことでも、面倒くさい→ストレス、となってしまうので、ストレスフリーで仕事に集中していくためにも最初から「高いと感じるけど効率的なもの」を買うことをおすすめします。

ぜひ私の経験を参考に、後悔しないデスク周り品を購入してくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる